建設業の許可の新規取得・更新・変更
解体工事業・電気工事業登録 など

埼玉建設業許可代行センター    
塩月行政書士事務所姉妹サイト
サイトマップ 個人情報保護方針
Home   事務所案内   取扱業務一覧   標準報酬一覧   お問合せ
サービス案内

要件1 経営業務の管理責任者がいること 経営業務の管理責任者がいること
 法人の場合:常勤の役員
 個人の場合:事業主・支配人


『経営業務の管理責任者チェックフローチャート』

 
法人の場合
 (個人の場合の年数などに違いはありません)

「管理責任者予定者は、会社の役員で、かつ現在、→NO→
管理責任者
 職務に従事していますか?」                   
なれません
           ↓
          YES
           ↓
「許可を受けようとする建設業について、経営業務を総合的に管理し、
 執行した経験がありますか?」
           ↓                     ↓
          YES                    NO
           ↓                     ↓
「経験年数が
甲 5年未満の場合 →甲 →「許可を受けようとする建設業に
        
乙 5年以上7年未満     関し、7年以上の経営業務を補佐し
        
丙 7年以上           した経験がありますか?」
           ↓                     ↓           ↓
        乙:全ての業種でなれます        NO          YES
        丙:経験のある業種につい        ↓           ↓
          てのみなれます      許可を受けようとする業種  

                         以外の建設業に関して7年   
同じ
           乙に同じ← YES ← 以上の経験
                                 ↓
                                 NO
                                 ↓
                         
管理責任者になれません
          

ポイント1

 法人の役員は、「常勤」でなければなりません。

ポイント2
 専任技術者の要件を持たした場合、1人の者が両方を兼ねることは可能です。
 ただし、異なる事業体の経営業務の管理責任者と専任技術者が兼ねることは
 できません。
要件2 管理技術者が営業所にいること 専任技術者が営業所ごとにいること

専任技術者とは・・・
その業務について専門的な知識や経験を持つ者で、営業者でその業務に
従事(専属)する者


『専任技術者チェックフローチャート(一般許可)』


「指定学科卒業後、高校の場合:5年以上・
 大学の場合3年以上の建設業に係る建設 →YES→
専任技術者になれます
 工事の実務経験がありますか?
         ↓
         NO
         ↓
「10年以上の実務経験がありますか?」→YES→
専任技術者になれます
         ↓
         NO
         ↓
「一般許可の資格要件に該当しますか?」→YES→
専任技術者になれます
         ↓
         NO
         ↓
「国交大臣が個別の申請に基づいた者  →YES→
専任技術者になれます
 ですか?」
         ↓
専任技術者になれません」
ポイント1
「実務経験」
とは・・・
 許可を受けようとする建設工事の技術上の経験

ポイント2
他の事業所の技術者と兼ねることができません。

ポイント3
特定許可の場合は別の内容のフローチャートになります。
お気軽にご相談下さい。
 
要件3 請負契約に関して誠実性があること 請負契約に関して誠実性があること
 不正行為や不誠実な行為をしないことです。

不正な行為とは・・・
 請負契約の締結又は履行に際して、詐欺、脅迫、横領などの法律に
 違反する行為

不誠実な行為とは・・・
 工事内容、工期などについて、請負契約に違反する行為
要件4 請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること 請負契約を履行するに足る財産的基礎又は金銭的信用を有していること

『財産的基礎チェックフローチャート(一般許可)』

「純資産の額が
500万円以上ありますか?」→YES→財産的基礎があります
            ↓
            NO
            ↓
500万円以上の資産調達能力がありますか」→YES→財産的基礎があります
            ↓
            NO
            ↓
「許可申請直前の過去5年間の許可を受けて →YES→
財産的基礎があります
 継続して営業した実績がありますか?
            ↓
            NO
            ↓
財産的基礎又は金銭的信用を有しているとは認められません 
ポイント1
特定許可の場合は別の内容のフローチャートになります。
お気軽にご相談下さい。

要件5 欠格要件に該当していないこと 欠格要件に該当しないこと

欠格要件
○許可申請書又は添付書類の中に重要な事項について虚偽の記載、または
 重要な事実の記載がかけていること

○許可を受けようとする者が成年被後見人、被保佐人または破産者で復権を
 得ない者

○許可を受けようとする者が、不正の手段で許可を受けたことにより、その許可
 を取り消されて5年以内であること

○許可を受けようとする者が、許可の取り消しを免れるために廃業の届出を
 してから5年以内であること
など、全部で8項目の一つでも該当する場合、欠格要件に該当します。










このページの先頭へ

Copyright(C) 2011 塩月行政書士事務所
ホーム / 事務所案内 / 取扱業務一覧 / 標準報酬一覧 / お問い合せ
サイトマップ / 個人情報保護方針